モンブランはコスパ効果が最強♪マイスターシュテュック

モンブランです。今後ペンを取ることを楽しみにしていきたいと思います。モンブランのデザインと書きやすさを実感しての万年筆の購入となった次第です。

早速ご紹介!

2017年02月15日 ランキング上位商品↑

モンブラン マイスターシュテュックモンブラン 万年筆 マイスターシュテュック 149 1057<99000>【父の日】 EF(極細字)

詳しくはこちら b y 楽 天

使うのが楽しみです。主に!システム手帳への書き込み等に使用しています。ペン先はMを購入しましたが!Bでも良かったかなと思っています。また149に関しては!軸が太いだけでなくペン先が大きいため!やはりゆったり書くのに向いているのでしょう。ペン先サイズBを購入しました。インクも豊潤で!高速!高筆圧にもついてきてくれます。146のEFニブと比べた写真と!ドルチェビータピストンフィリングのMニブと比べた写真を投稿させて頂きます。これからも大切に使っていきたいです。私は普段書く字が比較的小さいですし、日常ゆったり文字を書く余裕もないですので、おそらくノートや書類などへの書き込みに使用することになろうかと思いますが、今回購入させてもらったFニブくらいが限界の字幅です。149は今回なんとなく購入したというか!たまたまセール中だったみたいでして…。書きやすいです。普段はペリカンを愛用しており!それと比べると筆記感は少々硬めですが気にならない範囲です。持っている喜びを感じ、書くことが楽しくなります。しっかりとした本物です。他の手持ちの万年筆とは違いやはり存在感がありますが!太い割には握りやいです。書いていて楽しいのはM1000、書きやすいのは149かな。気持ちいい筆記感を味わえるのはMニブ以上かと思いますが!Fでも滑らかに書けますし!実用できないものを買うのももったいない。指にフイットするといいますか、持ちやすいです。昔買った149はホント扱いに困りましたが、今回購入させてもらった149はインクフローもいいですし、扱いやすいと思います。軸が太いのでペン先サイズは少し太めの方が書きやすいかもしれません。商品が届きました。 モンブランは146を愛用してます。なめらかにペンが動いて、記入後の字体にもどことなく上品感があります。発送する際の配慮(凍結注意など)が欲しがったです。書いた感じはイイです。149のFニブです。しかしながら!思い切って購入してみて良かったと思える一品でした。書き味最高です。手紙を書くのが楽しくなりました。149を買うのは2本目です。他の万年筆と並べると驚くほどの大きさですが!実際に持ってみると!これまた驚くほど持ちやすいのが意外でした。ペンの太さは!少し太い気がしましたが!慣れると力が抜けしっくりと書くことが出来ます。きれいに包装してあり!良かったです。これまでペリカンばかり買っていましたが、魔が差してポチりました。ペリカンM1000とほぼ同じサイズですが、ニブは硬いですね。しかし書きやすい硬さです。金文字で入った自分の名前もペンを一層引き立てています。149 EFを購入しました。自分にはまだ早いかなと思いつつも!嬉しいことがあったのでその記念として購入しました。ケースもしっかりとしたもので安心できます。以前よりモンブランのボールペンを使用していました。ペン先はB(太字)にして正解でした。149でも146でもそうですが!軸のレジンがとてもいいです。。ただデルタのMニブは「細めのM」を選んでますし!万年筆の個体差!インクの差などありますので!参考になるかどうかは判りませんが。Fニブを選んで正解でした。商品そのものは非常に書き味が良く!値段も手頃です。2度目なのですが、箱を開けた時の感想はやっぱり「デカっ」でした。装飾もきれいでブランド志向ではあるものの、筆記具としての洗練度は極めて高く見過ごせません。最高の書き味です。買ってみて大満足です。何よりも!その存在感が違います。ただし、包装を開けたところインクが凍ってました(北海道在住)。付属に黒インクが付いてきます。